Spotifyの自分のアーティストページに誤って掲載されている他アーティストのアルバム等を、Spotify for Artistsで修正依頼する方法|備忘録

Spotifyの自分のアーティストページに誤って関係ない他アーティストのアルバム等が紛れ込み、掲載されてしまうケースが少なからずあります。その別アーティストのアルバム等を除外してもらえるよう、Spotify for Artistsで修正依頼する方法です。

 なお、Spotify for Artistsにログインでき、該当するアーティストページへのアクセス権を得ていることが大前提の記事となります。

 Spotify for Artistsにログインした状態で、[Report a problem with your music]のページへアクセスします。

 [Select an artist]欄のドロップダウンリストから対象となるアーティストを選び、[What kind of problem do you have?]では「Another artist’s music is on my profile.」の方をチェックして[Next]で次へ進みます。

 [Please select all albums that don’t belong on your profile]の下の検索ボックスに、除外したい他アーティストのアルバム等のURLを入力すると、該当のアルバム等の候補がサジェストされますので選択します。

 複数のアルバム等がある場合、次の工程へ進まず、続けて検索ボックスから指定することで、複数のアルバム等をまとめて申告可能です。なお、間違って自分のアルバムやシングルを含めないよう、注意しましょう…。

 すべてのリストアップが終わったら、[Submit]ボタンで情報を送信します。

Thank you! Our team has your request.
It usually takes 10-15 business days to fix problems like this. We know how important this is to you, so we’ll move as quick as we can. Thanks for your patience!

 上記のようなメッセージが表示されれば申告自体は完了です。[Done]を押して手続きを終了します。後ほど「We’ve got your request!」という件名でArtist Supportから自動返信メールも届きます。

 後はメッセージの通り、10〜15営業日を目安に反映されるのを待つのみです。

 アーティストにとっても、リスナーにとっても、有益な修正となるためか、他の問い合わせ案件や目安日数よりは比較的早めに対応してくれる印象はあります。データベースとしての精度、信頼度も上がりますしね。

 この問題が起こるのは、同じアーティスト名の場合が多いようです。アーティスト名を決めるときに、すでに同じアーティスト名で活動しているアーティストが存在することを調べないか、または知っている上で作為的に便乗しようとするケースが原因と考えられます。リリース日を見れば、自ずと後出しで、顧客吸引力等への便乗であることは明白なのに、残念ながらこうした行為を行うアーティストが一定数存在するようです…。

 いずれにしましても、こうしたケースに出くわした場合、まずは除外を申請する方法として、ご参考になると幸いです…✍️


Share this...